人生経験を活かせば近付ける

自分の人生経験を仕事に活かすには、その経験によって自分が何を得たのか、何を感じたのかを模索するところから始めるようにします。例えば、人を助ける場面に遭遇し、自分の以外な能力に気付いたりすることなどがそうです。こういった経験は、その後も記憶の残っていることが多く、すぐに思い出せることでしょう。
人を助けるということに限定しなくても、これはこうするべきだなと考えていたとか、ある経験から、ずっとこういうことがしたいと思っていたが実行できなかったなどでも構いません。そしてこういった経験を踏まえて、何か活かしたり、発展させたりできることはないか考えてみるのです。
例えば、自分自身の経験から、心の問題に興味があるとするならば、カウンセリングに関するセミナーなどをに参加してみることをオススメします。一歩踏み出すことで、今まで見えなかった新たな視点を見い出すことができるかもしれません。セミナーに参加して、さらに興味を持ったのであれば、心理カウンセラーの資格に挑戦してみるのもいいでしょう。自分自身の心のケアはもちろん、社内の同僚などの相談に乗ってあげることもできるようになります。
何より、資格取得によって自分自身が成長することができます。そして、地道に実践的な経験を積んでいけたのであれば、今度は自分がセミナーを開くということもできるようになってきます。考え方や捉え方を少し変えるだけで、自分の人生経験を活かして成功することは可能になってくるのです。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.